コンテンツへスキップ

親子遠足

新しい土地に引っ越してきて、約1ヶ月。こどもたちも新しい保育園で毎朝泣きながらの登園、ママ友もできていないなかの初めての保育園の親が参加の行事で親子遠足がありました。

まわりを見渡すも年上の方ばかりだったり、もう仲良しになっている方たちばかりで、どう話しかけて輪に入ろうか親のわたしも緊張の1日。こどもたちは、そんな親の緊張を感じることもなく、スタートからはしゃいで楽しんでいて、とても逞しく見えたのと同じぐらい安心もしました。

毎朝、「新しい保育園には行きたくない。」と泣きながら登園する姿に、保育園での生活がこどもたちにとってどんなものなのか親としてとても心配していたので、先生や友達と仲よさそうに走り回って遊んでいる姿をみて、涙がでるような思いになりました。

お昼にお弁当を食べる際には、クラスごとで集まって食べて、自己紹介をするという素敵なレクリエーションがあり他の親御さんとお話をする最高な機会でした。少しですが会話に入っていけたので、次回の親参加の行事でも、子に負けないよう頑張ろうと思います。

 

まあ、保育園に預けられているだけありがたい話なんですが。

平成29年10月時点の保育園等の待機児童数の状況について |報道発表資料|厚生労働省

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です