コンテンツへスキップ

肌荒れしてクレンジング剤を見直してみた

若い頃はクレンジング剤というと、とにかく良く落ちるものが使いたい、と思っていました。
しかし、一気にスルッと落とせるクレンジングというのは、界面活性剤が沢山含まれているために、肌に負担がかかるものである、ということを最近知ったのです。

 

確かに若い頃は肌が丈夫だったために肌荒れすることはなかったんですが、最近はすぐに敏感に反応して、肌荒れを起こすようになってしまいました。

 

特にアルコールの入っているものは肌がピリピリとしてしまって、乾燥性敏感肌の私には辛いものがあります。

 

また、オイルタイプだと良く落ちますが、乾燥して肌に負担になる上に、しっかり洗い流せていないとニキビを作ってしまう原因になるということを知りました。

 

最近はクリームタイプのクレンジングを使うようになり、オイルタイプに比べて肌がつっぱるということが無くなったように感じます。

 

メイクは女性の身だしなみの一つであるだけに、クレンジング剤の選び方も美肌を保つためには重要なことなんだな、と思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です