コンテンツへスキップ

理想のカレーへ近づける

私はカレーが好きだ。今日はカレーを作る。

 

しかし、一言にカレーといっても皆の好きなカレーはちょっとずつ違うようだ。

 

私は本格的なインドカレーが好きで、サラリとしていて、口当たりはまろやかなのに、後から辛くなれば辛くなるほど美味しい、と思っている。

 

主人は辛いモノが少し苦手。カレーもあまり辛いモノは苦手のようだ。いわゆる、ホテルで出てくるビーフカレーのような、ビーフの風味ががしっかり効いた、辛すぎないカレーがお好みのようである。

 

今日は主人好みのカレーライスをつくる為に、ルーは中辛。まろやかな辛さにするためにハチミツとすり下ろしリンゴを加える予定だ。そして牛肉はゴロゴロと大きめで。隠し味は赤ワイン。

 

むかし友達に、オススメのカレー屋さんを上司に教えたが、好みのカレーではなかったと言われたことがある、という話を聞いた。友達も私と同じ、本格的なインドカレー派だから、上司の方はあまり好きではなかったのだろう。

 

とはいえ、甘いカレーも、ビーフカレーも、基本はどんなカレーでも私は好きである。

 

皆大体そうだろう。カレーが嫌いだと言っている人はいまだに宇多田ヒカルさん、ただ一人しか知らない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です