コンテンツへスキップ

残念だったこと

9月も半ばになり少し涼しくなったのでサイクリングも兼ねて片道10kmほどの所にあるショッピングモールに出掛ける事にしました。

 
往復で2時間少しですので程よい運動にもなるし、以前から時々訪ねていたモールで目当てはお気に入りのパン屋です。

 

大好きなパンを久しぶりに買えるという事もあり、ワクワクウキウキしながらペダルを漕いでいました。

 

到着してさて今日はどんなパンがあるかな、季節も秋になって秋の味覚にちなんだ栗とかかぼちゃとかさつま芋のパンがあるかなと色々想像しながらモールに入りました。

 

しかし、そのパン屋は8月に閉店しましたという張り紙がしてあり、ええ!このパン屋はここにしかなかったのに、と非常にショックで残念でなりませんでした。

 

ほんの少し前にも地元ではそこにしかないパン屋が2か所閉店したばかりで残念な思いをしたばかりなのに、1か月足らずで3つもお気に入りのパン屋がなくなるとは、です。

 

商売には色々な事情がありなくなるお店も多いというのはわかっています。たかだかパン屋でしょ!と思う人もいるかもしれません。

 

しかしパンは毎日食べるほど大好きな食べ物で、お気に入りのパンがもう地元ではもう買えないと思うと落ち込んでしまいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です