コンテンツへスキップ

家で働くということ。

事情があって、家で働くようになりました。
SOHO、個人事業主、テレワーカー、在宅ワーカーなどと、呼ばれるものです。家で働くという点は、同じなのに、呼び名がいろいろあるので、不思議です。
呼び名がいろいろあるには、働く形の違い、契約の有無、出勤の有無も関係しているそうです。

 

個人的には、個人事業主だと思っています。もしかして、世間の認識とずれがあるかもしれません。

 

今、政府の掛け声もあるからでしょうか、家で働く人が多いそうです。

 

育児をする人、介護をする人にとって、家で働けることはポイントが高いです。

 

私の場合、家に通院が必要な人がいるので、自室で働けるようになって良かったと思っています。

 

そして、ある程度、働く時間を決めてやっているので、結構楽をさせてもらっています。

 

おまけに通勤がないので、家族に迎えに来てもらうことがありません。真っ暗な中を歩かなくても、迎えに来てもらうこともないので、気が楽です。

 

私は家でしっかり働いて、リフォーム代を出せるくらいになりたいと思っています。

在宅ワークに関する総合支援サイト「ホームワーカーズウェブ」厚生労働省委託事業 | ホームワーカーズウェブ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です