コンテンツへスキップ

ため息が出る風景

先日京都の紅葉特集をテレビで見ていたらため息が出てしまいました。
紅葉の時期には何度か訪れている京都ですし、行った事があるお寺も紹介されていたのですがそれでも魅入ってしまいました。

 

というのも私がそのお寺を訪れた時と、テレビで紹介していた時が少し違っていた影響で紅葉の色付き具合も微妙に違っていたからです。

 

紅葉は3種の楽しみ方があると思っています。初期の緑や黄色や赤色の様々な色が混ざったグラデーションが綺麗な紅葉。

 

最盛期の真っ赤に染まった紅葉。そして散り紅葉の時期の紅葉の絨毯を楽しむ紅葉です。

 

私がその寺でその見た時の真っ赤な紅葉もそれはそれで良かったのですがテレビで見た色とりどりのグラデーションの時の模様も非常に見応えがありました。

 

自然の見事な美にはうっとりししましたし同じお寺なのにまるで違う場所を見ているような錯覚にもなり、ほんの僅かな期間の差でこれほど違うとは驚いてしまいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です