コンテンツへスキップ

がんばれ受験生

大学受験は高校生からみるとかなりたいへんなものなのです。しかし、社会人から見るとじつはそれは案外いいものだったりするのです。なぜならば、大学受験ほど報われやすいものはないからです。
ここで多少気張って国公立医学部に進学できた人はそれだけで「お医者様」のコースに乗ることができるからです。ただし、並みの頭の人が国公立医学部に合格するのは容易いことではありません。

 

もちろん、高い入学金等を用意できる経済力があれば、国公立医学部でなくても私立の医学部だっていいのです。

 

ですから、多少数学が苦手であったとしてもここは踏ん張ってみた方がいいのです。数学というのは不思議な科目で、5題解いた後よりも100題といた後の方が数学の解答力が付く科目なのです。

 

ですから、今は数学が苦手だったとしても、それでも少なくとも毎日3題くらいは数学の問題を解いて力をつけなくてはならないのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です